『知りすぎて何も言えなくなる』

同質な物は同じか?

『コミットメントの一貫性』

世の中はなんらかの契約によって、成り立ってます。
日本国民なので職業選択の自由があります。そして同時に国民であれば、納税の義務を果たすという約束事もあります。

「そんなの聞いてません!」




なんて言ってみても、先天的に生まれるか生まれないかを本人が決めることは出来ませんのでしかたないです。世の中の全ての事が自分の判断を必要としている訳ではありませんしね。
以前知り合いから借りた、加藤秀一著『〈個〉からはじめる生命論』に「生まれない権利」
といったものが載っていました。
自分が「生まれなかった方が良い」という権利を裁判で認める事が出来るかといった話だったと思います。生まれなかった自分を誰も証明できない。という問題をはらんでいたりして難しくて話半分も理解できませんでした。


話を戻します。
ここでの原則は義務をはたしている人と権利を行使している人は前提として同じ人でないと話になりません。

昨日の自分と今日の自分が違う人では約束なんてしようがありません。


この約束事を守るという事が近代以降の人間の持つべき、規範になっていたりするんでしょう。


ですが人間は成長してしまします。とても一貫性ばかりを前提にしてはいられません。
意見は変わります。ですからそこらへんがかなりあやしい「子ども」は制度上「小さな大人」とは違う、「子ども」にしておかないと、やっかいです。政治的な問題と、個人的な問題の境目を政治側が決めているように、大人と子どもの線引きもかなり大人達によって恣意的に出来ています。



約束事を守れたら君も大人の仲間入りだね!!



何かを知りたい!という好奇心や欲求から勉強した結果。考えが成熟していくことは一向にかまわないのですが、その結果「知りすぎて何も言えなくなる。」という状態になることがあるような気がします。「知りすぎて何も描けなくなる」って感じで書くと絵描きの問題になってきます。
何かを学習した結果、同質だったものが、違うように見えてくる。といった感じしょうか。


老成すると言うんでしょうか?
自身のワガママを自身で許容できなくなるというんでしょうか?
知ってしまった罪悪感からか過去の自分に対する、恥ずかしさなども伴ったりします。
ですがそこで止まってしまうという事が自身の成長を逆に止めてしまっているような錯覚にもおそわれます。(←この感覚自体が近現代的な視点かもしれませんが。)
ですので、知らなかった自分と知った自分は別人だと思いたいものです。コミットメントを重視しすぎると、なかなかに生きづらいというようなことが見えてきます。



そこで私は思い切ってこう解釈します。
『知りすぎて何も言えなくなる』といった知的欲求や好奇心の推進力が低下した状態はおそらく、その分野の修得を終えた事を意味していると捉えるとよいのではないでしょうか?
(その分野が)持っている歴史的な縦軸ではなく、個人個人が持っているパーソナルな好奇心や欲求に見合った勉強を修得したってことです。もちろんその分野に対してそれ以上の欲求を持ち続けた人はもっと深いアプローチをしていきます。)



推進力が低下した状態でいつまでも、その分野にこだわり続けるのは、〈個〉を求めるあまり、どこからかの『コミットメントの一貫性を求めるバイアス』がかかっている状態なのかも知れないと思います。



生まれたての状態や成熟した状態を同質なものとして維持し続ける事は出来ません。
にも関わらず、一貫性ばかりを命題にしてしまうと結構生きづらくなるような気がします。


そんなこんなで絶えず、フレキシブルに考えていけばいいじゃん!と思うのですが、人間の本能がさせるのか、だいたいの場合そう簡単にはいきません。


なんだか抜けのわるい話になってきました。



四宮義俊公式サイト
http://shinomiya.main.jp
[PR]
by shino-miya | 2010-06-12 19:26


四宮義俊に関する情報をお知らせ致します。


by shino-miya

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

リンク

カテゴリ

全体
お知らせ
水槽の虎
『水槽の虎』予告編
アート
建築物
サラチ分析情報
更新情報
未分類

以前の記事

2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2009年 12月
2009年 08月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

記事ランキング

画像一覧