『ファッジファクター』最終日

四宮義俊個展『ファッジファクター』も本日が最終日になりました。
展示作品の『ファンク』について以前展示させていただいた、戸定歴史館館長補佐の齊藤洋一さんに作品についての文章を寄せて頂きましたので、載せさせていただきます。



e0170648_2532958.jpg



 空間と空間が対峙していた。作品は八畳の和室を押しつぶそうとしているのか、あるいはそこと相似形の形態によって征服しようとしているのか。部屋を圧するかの作品は優美な表面とはうらはらの緊張感をかもし出していた。それだけではないだろう。繊細なタッチはエネルギーの奔流でもある。
 作者は128年前に建てられた戸定邸との対話を重ねた。最後の水戸藩主によって建てられた邸宅は9棟が連なり、部屋数は23に及ぶ。「ファンク」が陣取ったのはその一番奥、昭武の生母が暮らした最も静謐な空間である。八畳間が2つ続き、それに直角に四畳半の書斎が繋がる。
 2011年、戸定邸を会場としたプロジェクト「日本画タイムスケイプ」で「ファンク」は披露された。
 二間続きの空間に置かれた2つの立方体。人がかろうじて通れるだけの空間しかない。普段は柔らかな外光が差し込む空間はにわかにその密度を増した。
 光と影、開放と密閉、静謐と騒擾、動と静、彩りと漆黒。
 対話は幾重もの対比となり、作品を完成させた。伝統的な日本家屋の持つ性格と不可分とさえ見えるほどの佇まいがあった。
 この部屋を見て二十数年になる。初めて見る組み合わせに伝統の持つ奥行きと創作の力を感じさせられた。
 ある条件で突き詰められて誕生した作品はどうなるのだろう。戸定邸とはまったく異質の空間にこの作品が位置したとき、そこにはどのような価値が生まれるのだろうか。     齊藤洋一


e0170648_8523449.jpg






『ファンク』の他にも映像作品も展示しておりますので、皆様お誘い合わせの上お越し下さい。
よろしくお願いします。
e0170648_932892.png




四宮義俊個展:『ファッジファクター』
会場:アートスペース羅針盤
会期:2012年3月19日(月)〜3月24日(土)
時間:11:00〜19:00(最終日は17:00まで)
〒104-0031東京都中央区京橋 3-5-3京栄ビル2F
TEL&FAX 03-3538-0160


四宮義俊公式サイト
http://shinomiya.main.jp
サラチ分析公式サイト
http://sarachi.michikusa.jp/#
[PR]
by shino-miya | 2012-03-24 09:04 | お知らせ


四宮義俊に関する情報をお知らせ致します。


by shino-miya

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

リンク

カテゴリ

全体
お知らせ
水槽の虎
『水槽の虎』予告編
アート
建築物
サラチ分析情報
更新情報
未分類

以前の記事

2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2009年 12月
2009年 08月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

記事ランキング

画像一覧